嗅覚を通しての精神・生理作用

| 未分類 |

アロマテラピーは香りを楽しむものとして知られていますが、その香りを嗅ぐという行為は、脳や体内にまで影響を及ぼすものなのです。

 
植物から抽出された芳香成分は温めたり拡散させることによって分子となり、人の鼻から嗅覚を通して脳に伝達されます。

 
脳には嗅神経というものがあり、そこに芳香成分が届く事によって、その他の神経にも良い影響を与えるという仕組みなのです。
人の気分というものは神経伝達物質が全てを司っており、ドーパミンやセロトニン、アドレナリンなどが上手くバランスをとって心を安定させています。
アロマテラピーにおける芳香成分はこれらの神経伝達物質を正常に分泌する時に助けになります。

 
ですから、自分の好きな香りを嗅ぐことによって、気分を程良く高揚させたり、リラックスさせるよう鎮静化したりというように安定させることが出来るのです。
また、神経はホルモンバランスを正常に保つという働きもあります。
女性は特にですが、ホルモンバランスが安定すれば、気分もうきうきして幸福感に満たされます。
逆にバランスを崩すと気分が落ち込み様々な不調を誘発してしまうのです。
アロマテラピーはこのようなバランスも支えていますから、結果的に病気の予防にもなるのです。

???? Vol.5 ??????