精油を取り扱う注意点

| 未分類 |

アロマテラピーを安全に楽しむためには、精油の取り扱いに気をつけることが大切です。原液を、直接お肌に塗ることを避け、飲用などをしないようにしましょう。また、目に入らないように気をつけることも必要です。そして、精油は引火をする危険が伴いますので、火気が発生する可能性のある台所などで作業を行うのは危険です。オイルを作成したら、暗い色のついた瓶などに入れ、キャップをしっかりとしめましょう。多温多湿の場所を避け、直射日光が当たらない場所で保管をすることをおすすめします。また、精油に外見が似ている合成オイルと混同をしないように注意をすることが大切です。合成のアロマオイルとは異なり、アロマテラピーで使用するものは、植物から抽出されているものを使用します。

 

 

合成のオイルはアロマテラピーでは使用することができません。これらの注意点を守ることで、安心して安全にアロマテラピーを楽しむことができます。正しく行うことができれば、快適な空間を演出することができる他、ストレスを解消してリラックス効果などを生むことができます。オイルを使用する際には、自分の体調や状態にあったものを使用し、お子様に使用する際には大人よりも少ない量を使うことが大切です。