アロマテラピーを安全に楽しむために

| 未分類 |

アロマテラピーは自宅でも行うことができますので、近年注目が高まってきていますが、これには基本的なルールがありますので、それをしっかりと守り安全に楽しむようにいたしましょう。

精油を取り扱う際の注意点としては、まず精油と肌などに直接塗らないようにしてください。また飲んだり目に入らないようにいたしましょう。

精油は油ですので引火する恐れがございます。台所まわりや火気まわりでの使用さなるべく避けるようにして、万が一使用する際には細心の注意を払ってください。

 

 

 

保存方法は高温多湿を適さないので、キャップをしっかりと閉めていただき冷暗所に保管しましょう。使用する際には妊産婦やお年寄り、または敏感な体質の方は香りに反応がしやすい為、使用中に不快に感じることがあれば使用を中止してください。

3歳未満の乳幼児に対しては香りを嗅ぐ使用方法のみを行うようにしてください。それ以外の方法はあまりよくありません。しかし少量であれば精油を使用することもできます。

ただしこの場合には、必ず事前にパッチテストを行い異常が現れないことを確認の上、使用をするようにしてください。痛みや腫れ、痒み、赤みなどの異常が現れた場合には大量の水で洗い流すようにいたしましょう。