吸入による作用

| 未分類 |

アロマテラピーにはいろいろな使い方がありますが、その一つに「吸入法」という物があります。
これは、肺の血流など、呼吸器系の不調を和らげたい時に使われる方法です。
もちろん、これは医療行為ではありませんので、あくまで予防的に行います。
そして、この吸入法にも、いくつかのやり方があります。
まず、「蒸気吸入法」。
これは、マグカップなどにお湯を入れ、そこにエッセンシャルオイルを1~3滴ほど垂らし、蒸気と一緒にエッセンシャルオイルの成分を吸引するという方法です。

沖縄01
注意点としては、蒸気が逃げないよう、マグカップを手で囲っておかないといけません。
しかし、熱いお湯を使う必要があるので、火傷しないようにしてください。
もっと手軽に行う方法としては、ハンカチなどにエッセンシャルオイルを垂らし、それを鼻や口に当てるという物もあります。
この場合も、垂らすのは数滴で十分です。
マスクに垂らせば、風邪の予防に大きな効果が期待できます。
ただし、エッセンシャルオイルの中には粘膜に刺激を与える物もあるので、長時間の吸入は避けたほうがよいでしょう。
特に、咳が出ている時は、蒸気の刺激により、さらに咳が出やすくなってしまうので、そういう場合は行わないでください。