メカニズムと背景について

| 未分類 |

アロマテラピーのメカニズムは、非常に単純となっています。植物などから抽出された精油を利用して、その香りをかいだり、ボディ用のトリートメントとして利用することになります。精油の香りを利用する場合には、精油の成分が鼻の中の嗅神経に反応して脳に刺激が伝達されることになります。また、精油の成分は、呼吸を介して肺と血管によって全身へと回っていくことになります。このようなメカニズムにより精油の香りを利用していくことになっています。また、トリートメントして利用する場合には、マッサージなどを行いながら体に精油を塗り込んでいくことになります。

???? Vol.5 ??????

 

体に塗り込まれた精油は、皮膚から吸収されていきます。吸収された精油は、毛細血管によって全身へと回っていくことになります。このようなメカニズムにより、全身へと作用することになっています。精油の成分は全身にいきわたり、心と体へのリラクゼーション効果として作用することになっていくことになります。このようなアロマテラピーは、科学技術の進歩と深いかかわりあいがあります。従来から利用されてきた植物の成分を利用した医療技術が、蒸留法などが生み出されたことによって発展し、精油の抽出方法へと発展していきました。